« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月28日 (日)

紹介していただいたブログなど 

 平成22年2月22日の猫の日に発表した、「にゃんだふるわーるど(般猫心経)」を、紹介、または取り上げてくれたサイトやブログを列記させていただきます。
 まことにありがとうございました! m(__)m
 
 後日、発見したものがありましたら、随時、こちらのページに追記していきます。(●が新規追加分)

今からやろうと
かーずSP
イイ・アクセス
明日は明日の風が吹く
教官不定期日誌
限りなく無題に近い
えんにゅ〜す
はてなブックマーク
カトゆー家断絶
ジョージ朝生の日々是奔走
ニコニコ動画のブログ猫飯
身近なニュースでほっと一息リラックスタイムス女性編 100401号

ねこどこ(寝子何処) ーまとめー 
ニャトランティスが呼んでいる(猫対睡魔) ーまとめー 
半音なんてこわくにゃい(半音上等) ーまとめー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月27日 (土)

「ねこどこ」を優酷網にアップしました

 ねこどこ(中国語字幕版)を、中国の動画共有サイト優酷網にアップしました。

 しかし、それにつけても、この「優酷網」という名前は、インパクトがあるというか、優(やさ)しいけど、酷(ひど)い、という、ことは、ツンデレ、ということなのだろうか?

 いや、語順からいうと、デレツン?

優酷網(Wikipedia)
優酷網の使い方

http://v.youku.com/v_show/id_XMTU0NjYyMjE2.html


ねこどこ(寝子何処) ーまとめー 
ニャトランティスが呼んでいる(猫対睡魔) ーまとめー 
半音なんてこわくにゃい(半音上等) ーまとめー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月26日 (金)

「にゃんだふるわーるど(般猫心経)」のスコアを

 「にゃんだふるわーるど(般猫心経)」のスコアを、アップしましたので、よろしくお願いします!

O0600082510193508762

ねこどこ(寝子何処) ーまとめー 
ニャトランティスが呼んでいる(猫対睡魔) ーまとめー 
半音なんてこわくにゃい(半音上等) ーまとめー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月24日 (水)

にゃんだふるわーるど(般猫心経)のカラオケを

 にゃんだふるわーるど(般猫心経)のカラオケを、下記アドレスにアップしました。
 cmmzさん、ありがとうございました!

http://piapro.jp/content/v13gmpc6stzbxjcn
cmmzさんの作品リスト


ねこどこ(寝子何処) ーまとめー 
ニャトランティスが呼んでいる(猫対睡魔) ーまとめー 
半音なんてこわくにゃい(半音上等) ーまとめー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月22日 (月)

「にゃんだふるわーるど(般猫心経)」をアップしました

 平成22年2月22日の猫の日である本日、猫豆福耳堂の第4作である「にゃんだふるわーるど(般猫心経)」をアップしました。

 cmmzさんによるテンションの上がるダイナミックなアレンジとかわいいミクさん、そして、ポペミンプテトンさんによるラブリーなにゃんこがてんこ盛りなアニメーションのおかげで、にゃんだふるな気分であります。
 まことにありがとうございました! m(__)m

追記
 下記のポペミンプテトンさんのピクシブのページで、この曲のアニメーションに関連したイラストを数枚、公開していただける予定です。


にゃんだふるわーるど(般猫心経)(YouTube)

にゃんだふるわーるど(般猫心経)
作詞作曲 徳小豆
編曲調声 cmmz http://www.nicovideo.jp/mylist/3277076
アニメーション ポペミンプテトン http://www.pixiv.net/member_illust.php?id=292444

ねこどこ(寝子何処) ーまとめー 
ニャトランティスが呼んでいる(猫対睡魔) ーまとめー 
半音なんてこわくにゃい(半音上等) ーまとめー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月21日 (日)

明日の「猫の日」に、新曲「般猫心経」を

 きたる2月22日の「猫の日」に、新曲「にゃんだふるわーるど(般猫心経)」を発表する予定ですので、よろしくお願いいたします! m(__)m

ねこどこ(寝子何処) ーまとめー 
ニャトランティスが呼んでいる(猫対睡魔) ーまとめー 
半音なんてこわくにゃい(半音上等) ーまとめー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月20日 (土)

にゃんだふるわーるど(般猫心経) 歌詞

ニャン! ニャニャン! ニャン! ニャニャン! 

ニャンでかな ニャんでだろう 
ニャニからニャニまで うまくゆく 
ニャニしても ニャニみても 
ウニャニャン、ウニャニャン、ニャンダフル! 

 ニャーティー、ニャーティー、ハラニャーティー 
 ハンニャ、ハンニャで いきるのニャー 
 ニャーティー、ニャーティー、ハラニャーティー 
 しんぱいニャイニャイ ニャラダイス! 

ニャン! ニャニャン! ニャン! ニャニャン!

こんニャちは さようニャら 
トーザイニャンボク いけるのニャー 
ニャニからも ニャニへでも  
ウニャニャン、ウニャニャン、ニャンダフル!  

 ニャーティー、ニャーティー、ハラニャーティー 
 ハンニャ、ハンニャで いきるのニャー 
 ニャーティー、ニャーティー、ハラニャーティー  
 しんぱいニャイニャイ ニャングリラ! 

  あしたはニャンとも いえニャイけれど 
  ニャニはニャニあれ ニャニするニャー 

 ニャーティー、ニャーティー、ハラニャーティー
 ハンニャ、ハンニャで いきるのニャー
 ニャーティー、ニャーティー、ハラニャーティー
 しんぱいニャイニャイ ニャホンばれ!

 ニャーティー、ニャーティー、ハラニャーティー
 ハンニャ、ハンニャで いきるのニャー
 ニャーティー、ニャーティー、ハラニャーティー
 しんぱいニャイニャイ ニャンニャン!


ねこどこ(寝子何処) ーまとめー 
ニャトランティスが呼んでいる(猫対睡魔) ーまとめー 
半音なんてこわくにゃい(半音上等) ーまとめー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月19日 (金)

「日刊ココログガイド」にて、当ブログを

 「日刊ココログガイド」で、2010年2月19日のおすすめとして、当ブログを紹介していただきました。

 まことにありがとうございました! m(__)m

日刊ココログガイド


ねこどこ(寝子何処) ーまとめー 
ニャトランティスが呼んでいる(猫対睡魔) ーまとめー 
半音なんてこわくにゃい(半音上等) ーまとめー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月15日 (月)

「ねこどこ」をネットラジオに

 猫豆福耳堂の「ねこどこ」を、インターネットラジオの番組「何人よっても文殊のダベリ略してもんダベ」でオンエアしていただきました!

 番組では、オリンピックのことや、ぬこ耳団のことなどが、話題となっております。

 「ねこどこ」は、しばらく、エンディング曲として使用していただけるとのことです。
 まことにありがとうございました! m(__)m

何人よっても文殊のダベリ略してもんダベ

ねこどこ(寝子何処) ーまとめー 
ニャトランティスが呼んでいる(猫対睡魔) ーまとめー 
半音なんてこわくにゃい(半音上等) ーまとめー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月13日 (土)

Twitterはじめました

 使い方もよくわかっていなかったりしますが、とりあえず、Twitterはじめました。

 漢字4文字しばりで、いけるところまでいきたいと思います。

http://twitter.com/nekomamedo

ねこどこ(寝子何処) ーまとめー 
ニャトランティスが呼んでいる(猫対睡魔) ーまとめー 
半音なんてこわくにゃい(半音上等) ーまとめー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月12日 (金)

「半音なんてこわくにゃい」にまつわるエトセトラ

 猫豆福耳堂の第3作「半音なんてこわくにゃい」は、「半音をテーマ」にした歌であり、かつ「猫がピアノを弾いているという設定」の歌でありました。

 このうち「半音をテーマ」という部分では、国内外をとわず、私が探したかぎりでは、同じような趣旨の曲は、見つかりませんでした。

 しかし、後半の「猫がピアノを弾いているという設定」に関しては、「猫がピアノを弾いているという設定」どころか、「実際に猫がピアノを弾いている動画」を発見してしまい、腰をぬかしてしまったような次第です。

 動揺をなんとかおさえながら、まあしかし、ピアノには打楽器的な要素もあるし、まあ、ネコパンチで演奏、というのもありえないことではないな、と、思っていたら、今度は、なんと、弦楽器のシタールを演奏している猫を発見。

 しかも、ネコパンチで音を出すのではなく、歯で弾くという、これは、ロック系ギタリストとして有名なジミヘンドリックスの歯弾き(?)を思い起こさせるようなアクロバット奏法でもあるわけです。

Jimi Hendrix - Hey Joe (teeth solo) (live) (YouTube)
ジミ・ヘンドリックス(Wikipedia)

 とどのつまりは、「半音なんてこわくにゃい」けど、「ネコの演奏能力はこわい」ということで、おあとがよろし・・・、くなくても、これで終わりです。

ねこどこ(寝子何処) ーまとめー 
ニャトランティスが呼んでいる(猫対睡魔) ーまとめー 
半音なんてこわくにゃい(半音上等) ーまとめー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 8日 (月)

世界の猫歌(11) インドネシアの哀愁の猫歌

 動画のタイトルの「campursari sego kucing」のうち、「campursari」はジャンルの名前、「sego kucing」が曲名のようです。

 でもって、segoはセゴユリという花の名前、kucingは猫、という意味で、歌の途中に猫の鳴き声の真似らしきものが入っていることもあり、猫歌であることは間違いないと思われるのですが、それ以上のことはよくわかりませんでした。

 しかし、日本語の歌詞をのせてもあいそうなその曲調は、日本人の郷愁を誘うような魅力があると思います。


Campursari(Wikipedia)


campursari sego kucing(YouTube)


ねこどこ(寝子何処) ーまとめー 
ニャトランティスが呼んでいる(猫対睡魔) ーまとめー 
半音なんてこわくにゃい(半音上等) ーまとめー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 3日 (水)

不覚般猫心経(ニャンビリーバボー)

なーんて こったい おっこちた
まっさか さまだよ しりから ドッテン
こーんな こーとが あーるのね
おしりは ズキズキ プライド こなごな
ごせんぞ さまにも かおむけ できない
いきてい られない ほどのは ずかしさ これから どうすりゃ いいの

なーぜに あーしが すーべった
きづいた ときには しりから ドッテン
だーれも みーては いーないね
ひやあせ ダラダラ しんぞう ドキドキ
ねこでい られなく なるかも しれない
あながあ ったなら はいりた いほどよ なければ あなをほ りたい

おーきた こーとは しょーがな い
そう つーぶやいてみるーよー
おーきた こーとは しょーがな い だけど
へいから ねこがお ちるなん てことは 
あっては ならない おきては ならない
だいすきゃ ん、だ、る
みんなが うわさし ているき がするよ
ニーャン ビー ビビビビ リー リリリリ
ニーャン ビリビリ ビ、リ、バ、ボ
ニーヤン ビーリバ ボー ボボボボボ
ビリバボ リバリバ ボー

なーぜに こーんな めーにあ う
そう つーぶやいてみるーよー
なーぜに こーんな めーにあ う だれか
なんのい んがかお しえてほ しいのよ
これがさ だめなら かなしす ぎるのよ
なみだが でちゃう
ニャイデン ティティ ーが ほうかいすんぜん
ニーャン ピー ピピピピ リー リリリリ
ニーャン ピリピリ ピ、リ、パ、ポ
ニーヤン ピーリパ ポー ポポポポポ
ピリパポ リパリパ ポー

 (これは、バッハの管弦楽組曲第2番の中のバディヌリーという曲のメロディーにあわせて作った歌詞です)
バディヌリー(Wikipedia)

Img_0001_2

Bach - Bwv1067 Orchestral Suite - 07 - Badinerie (Youtube)
2 Guys 1 Flute | J.S. Bach Badineri(YouTube)


ねこどこ(寝子何処) ーまとめー 
ニャトランティスが呼んでいる(猫対睡魔) ーまとめー 
半音なんてこわくにゃい(半音上等) ーまとめー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 1日 (月)

世界の猫歌(10) 猫の二重唱 ーライブパフォーマンス編ー

 今回も、前回に引き続き、「猫の二重唱」。
 前回が、ボーカロイドとアニメーション制作ソフトを駆使したハイテク版だったのに対し、今回のは、少年合唱によるライブパフォーマンス版です。

 ちなみに、このバージョンは金髪少年と茶髪少年とによる二重唱なのですが、まずは、金髪少年から歌い始めます。ソロ、しかも、出だし、ということで、間違いなく緊張感MAX、てんぱりまくり状態だったと思うのですが、とくに破綻はなく、やれやれ、なんとか無難に、と思っていたであろう金髪少年に、いきなり試練が襲いかかります。
 金髪少年のあとを受けて、茶髪少年が歌い始めると、金髪少年の歌っている時にはなかった、観客からの(好意的な)笑い声が起きたのであります。
 すかさず、口元に、勝ち誇ったかのような余裕の笑みを浮かべる茶髪少年。
 
 それに対して、金髪少年は、文字通り、口をへの字に曲げて、その穏やかではないであろう胸の内を、思いっきりストレートに、顔の表情に出しています。
 さらに、次の自分の出番が近づくにつれ、視線があちらこちらをさまよいだし、まさに、動揺感MAX!、歌いだしの時とは、違った意味での、てんぱりまくり状態をさらけだす金髪少年。

 ああ、それなのに、さらに、金髪少年の試練は続きます。
 出だしの部分は、金髪少年のソロと茶髪少年のソロがはっきり分けられた構成だったのが、次の部分は、金髪少年が歌って、茶髪少年が短く合いの手を入れ、を繰り返す、という構成。
 そう、金髪少年が歌っている時には、観客席ノーリアクション、茶髪少年が合いの手を入れると、観客席どっとわき、を何度もくりかえす、という、引き立て役、どころではすまない、まさに、公開さらしもの状態!

 背後に何十人といる合唱団のなかで、この二重唱のソロとして選ばれるということは、間違いなく、晴れがましいことであったはずですが、まさかこんな状況に追い込まれることになろうとは・・・。

 彼の胸の内には「こんなことなら選ばれないほうがよかった」とか、「担当パートが逆だったら、ぼくが喝采を浴びていたのに・・」とか、さらには「ロッシーニの馬鹿!」などというネガティブワードが胸の中に充満しまくっていてもおかしくはない、まさにそんな最悪の状況をあらわすかのように、ついには、歌っている最中にも視線がさまよいはじめる金髪少年。

 しかし、天は彼を見放さなかった、というべきか、次の部分で、金髪少年が、それまでの端正な歌い方から一変して、すっとんきょうな声で、猫の鳴き声の真似をすると、まちがいなく、この日、最大の笑い声が、客席から起こったのであります。

 たちまち、金髪少年の口元にもかすかな笑みが。

 その後も、基本的には、茶髪少年が笑いをとっていっているのですが、すでに金髪少年は、動揺感を見せることもなく、冷静にみずからのパートをつとめあげたのでした。

 この日のパフォーマンスの結果が、どこまで演出として意図されていたのかどうかはわかりません。
 しかし、もし、金髪少年のあのすっとんきょうな鳴き声、あれがすべっていたら、いったいどういうことになっていたのか。

 ある程度の演出意図をもってのぞむものの、結果がどうなるかは、やってみなければわからない、そんなライブパフォーマンスの怖さとその裏返しとしての素晴らしさを痛感した動画でありました。


ねこどこ(寝子何処) ーまとめー 
ニャトランティスが呼んでいる(猫対睡魔) ーまとめー 
半音なんてこわくにゃい(半音上等) ーまとめー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »