« 猫対睡魔 ーまとめー | トップページ | 潮来のニャンコ節 (歌詞) »

2010年3月31日 (水)

智百演奏会(3/29)

 以前、目白のゆうどというギャラリースペースに、猫豆福耳堂のチラシをおかせてもらったときに、見つけたチラシが、この日の演奏会のものであった。

 智百は、琵琶と箏(琴)の二人組で、曲目は、それぞれが一人で、「春の宴」、「千鳥の曲」という古典を演奏した後、合奏で、最近のポップスをアレンジしたもの(ユーミンの「春よ、来い」、と、ブームの「島唄」)を2曲、そして、最後に、某国民的アニメのエンディング曲(テレビに向かってジャンケンするやつです)、という内容であった。

 ともすると、純邦楽の演奏会というのは、堅苦しいだけのものになってしまいがちな気がするので、今回のような親しみやすさを、今後も続けていってほしいと思った次第。

 ちなみに、箏が他の和楽器、洋楽器と、合奏するのは、今までに何度か聴いたことがあるものの、琵琶が、他の楽器と合奏するのを聴いたのは、初めてであった。
 端正というか、真面目な音色のように思われる箏と合奏すると、琵琶の、サイケデリック(?)な音色がより際立ち、ナチュラルトリップしてしまいそうであった。

 なお、箏の足のことを、その形状が似ていることから、猫足というそうな。


箏(Wikipedia)
琵琶(Wikipedia)
猫足
智百
ゆうど

ねこどこ(寝子何処) ーまとめー 
ニャトランティスが呼んでいる(猫対睡魔) ーまとめー 
半音なんてこわくにゃい(半音上等) ーまとめー
にゃんだふるわーるど(般猫心経) ーまとめー

|

« 猫対睡魔 ーまとめー | トップページ | 潮来のニャンコ節 (歌詞) »

猫的見聞録」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 智百演奏会(3/29):

« 猫対睡魔 ーまとめー | トップページ | 潮来のニャンコ節 (歌詞) »