« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月27日 (日)

神楽坂と大塚で音楽祭(6/20)

 お昼頃、神楽坂セッションハウスにて、キウイとパパイヤ、マンゴーズのライブ。
 メンバーそれぞれが、自らのリーダーバンドを持っているという猛者たちによる演奏は、躍動感と祝祭感に満ちあふれていて、室内より野外で見たい、そして、ビールがうまい!というライブでありました。
 ぜひまた見てみたいものです。

 その後、昨日に引き続き、おおつか音楽祭のメイン会場の南大塚ホールでの「おおつかオリジナル サウンドオブミュージック コンサート」へ。
 大塚周辺の音楽愛好家が大挙して、かの有名な「サウンドオブミュージック」がらみの曲を、歌って踊るという、参加型の手作りコンサートでありました。

 企画運営には膨大な手間がかかったであろうことが予想されるその内容でありましたが、その甲斐あって、というか、南大塚ホールは超満員。
 会場に途中から入った私は、座席に座れませんでした。

 ぜひ今後も続けていって欲しいものであります。

 動画は、神楽坂のご当地ソングと、キウイとパパイヤ、マンゴーズ。

キウイとパパイヤ、マンゴーズ
おおつか音楽祭

ねこどこ(寝子何処) ーまとめー 
ニャトランティスが呼んでいる(猫対睡魔) ーまとめー 
半音なんてこわくにゃい(半音上等) ーまとめー
にゃんだふるわーるど(般猫心経) ーまとめー
潮来のニャンコ節(潮来猫節)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年6月24日 (木)

七福ニャンコ節(七福猫節)

うたいおどれば みんながわらう
猫耳大将 猫耳小町 えがおのにゃんこ 
つられわらえば いのちがのびる
無病息災 安寧長寿 いのちのにゃんこ 

ねこがみてます いえのすみずみ
家内安全 悪霊退散 わがやのにゃんこ 
ねこにつられて ひとがたちよる
良縁満開 夫婦街道 えにしのにゃんこ 

ゆれるいなほに しぶくうなばら
五穀豊穣 大漁日和 みのりのにゃんこ 
てまをおしまず こころをこめて
千客万来 商売繁盛 たからのにゃんこ 

みんなそろえば みこしがおどる
祖先再会 子孫繁栄 まつりのにゃんこ 
みんなそろえば みんながわらう
全員集合 全員笑顔 しちふくにゃんこ 


ねこどこ(寝子何処) ーまとめー 
ニャトランティスが呼んでいる(猫対睡魔) ーまとめー 
半音なんてこわくにゃい(半音上等) ーまとめー
にゃんだふるわーるど(般猫心経) ーまとめー
潮来のニャンコ節(潮来猫節)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月23日 (水)

おおつか音楽祭(6/19)

 今週末は、おおつか音楽祭、というわけで、昼頃、南大塚ホールへ。

 MPJの朝生氏が、運営スタッフとして、会場内を所狭しと走り回っているのを見たり、これまたMPJのメンバーである日向野あこ殿が、出演、のみならず、司会も担当しているのに圧倒されたり、阿波踊りを堪能したり、初めて、生YOSAKOIをまのあたりにして、いろいろ感じるところがあったりいたしました。

 ちなみに、以前、ブログで紹介した大塚ものがたり(YouTube)を歌っている「雅&のぞみ」も出演リストにのっていたのですが、それには間に合わず、残念。

 それから、マスミへ移動して、木津茂理社中の歌と演奏。
 民謡と、雰囲気のある空間が、マッチして、心地よき時間を過ごさせていただきました。

 最後に、以前、大塚のフレディーマーキュリー(?)氏に、連れていってもらった、ダイニングバー海へ。出演者の長島ゆりは、以前から、いろんなライブハウスで、名前だけは目にしていたものの、ライブを見るのは初めて。その尋常ならざるライブ本数を実感させる安定感でありました。

 そんなこんなで、いろいろな音楽を浴びまくったおおつかの夜がふけていったのでありました。
 関係各位の皆々様、おつかれさまでした!



"shuck it say" 秋田民謡 일본의 아키타 민요 Minyo from Akita, Japan.(YouTube)

ねこどこ(寝子何処) ーまとめー 
ニャトランティスが呼んでいる(猫対睡魔) ーまとめー 
半音なんてこわくにゃい(半音上等) ーまとめー
にゃんだふるわーるど(般猫心経) ーまとめー
潮来のニャンコ節(潮来猫節)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月19日 (土)

東雲のニャンコ節

なにをくよくよ 街角の隅 さみしさ なんとしょ
風の寒さに ふるえてる 野良猫の 長い影
にゃんこはつらいね てなこと おっしゃいましたかね

まぶたとじれば 浮かんで消える おもいで なんとしょ
風の早さに のまれてく 野良猫の 細い声  
にゃんこはつらいね てなこと おっしゃいましたかね

なにはなくとも 日はまためぐる あしたを なんとしょ
風の行方に ゆれている 野良猫の 淡い夢
にゃんこはつらいね てなこと おっしゃいましたかね

原曲の動画

ストライキ節(東雲節)浅草ゆめ子 (ステレオ)(YouTube)
演歌•「東雲節」考


ねこどこ(寝子何処) ーまとめー 
ニャトランティスが呼んでいる(猫対睡魔) ーまとめー 
半音なんてこわくにゃい(半音上等) ーまとめー
にゃんだふるわーるど(般猫心経) ーまとめー
潮来のニャンコ節(潮来猫節)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年6月18日 (金)

ディープ浪花節ナイト (6/9)

 ちょっと間隔があいてしまいましたが、6月9日に、新宿の道楽亭というところで、浪曲を聴いてまいりました。

ディープ浪花節ナイト

 ちなみに、CDやテープで聴いたことはあっても、生で浪曲を聴くのは初体験。
 店内は、平均年齢かなり高めなお客さんでぎゅうぎゅうでありました。

 最初は、春野恵子による、井原西鶴の「好色五代女」のなかからの作品、続いて、玉川奈々福による、金魚をテーマにした新作、という内容でした。

 古典のほうが、浪曲を聴いた、という気にはなれるものの、保護されてかろうじて生き残る伝統芸能、としてではなく、今という時代を生きる大衆芸能として活動していくためには、やはり、幾多の試行錯誤を重ねながら、新しいことにチャレンジしていかなければならないのだな、ということを再認識したような次第です。

 いつか、木馬亭にも、行ってみたいものであります。


春野恵子  浪曲「お菊と播磨」=後半(YouTube)

春野恵子(Wikipedia)
玉川奈々福(Wikiprdia)
道楽亭Ryu's bar
木馬亭


ねこどこ(寝子何処) ーまとめー 
ニャトランティスが呼んでいる(猫対睡魔) ーまとめー 
半音なんてこわくにゃい(半音上等) ーまとめー
にゃんだふるわーるど(般猫心経) ーまとめー
潮来のニャンコ節(潮来猫節)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月16日 (水)

復旧しました

 本日、復旧いたしました。
 お騒がせいたしました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

業務連絡というかなんというか

数日前から、ハードディスクから、不穏な音がしていたのですが、本日早朝、私のパソコンが、昇天いたしました。なお、復旧対応できるのは、明後日以降となってしまいます。あしからずご了承いただければ、幸いですm(__)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月10日 (木)

おおつか音楽祭

 潮来のあやめ祭りに、引き続き、来週の6/17〜20日には、おおつか音楽祭りが行われます。

 ユーチューブで、なにか関連動画がないかと思って、調べたら、こんなのを見つけました。

 イントロや間奏などでの、手持ち無沙汰感(?)が最高です。

大塚ものがたり(YouTube)


おおつか音楽祭
大塚ものがたり(歌ってる人のブログ)

ねこどこ(寝子何処) ーまとめー 
ニャトランティスが呼んでいる(猫対睡魔) ーまとめー 
半音なんてこわくにゃい(半音上等) ーまとめー
にゃんだふるわーるど(般猫心経) ーまとめー
潮来のニャンコ節(潮来猫節)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月 8日 (火)

潮来あやめ祭り(6/6)

 猫豆福耳堂の第5作「潮来のニャンコ節」の舞台でもある潮来のあやめ祭りを見に行ってきました。

 まずは、前川あやめ園で行われた潮来囃子演奏・祇園祭礼踊り披露が、たいへんに面白かったです。
 能などでは、手のひらで打っている大鼓を、この潮来囃子では、バチで打っていて、帰ってから調べてみたら、祭り囃子では、それが一般的らしく、勉強になりました。
 いつか、祭り囃子の曲を作ってみたいと思った次第。

 そして、ネットを通じて知り合ったぽんたさんと、ふるさと館で、おちあい、以後、長勝寺、潮音寺とそのとなりの江戸時代古民家・旧所家住宅、みちの駅、を、興味深き解説とともに、案内していただきました。
 潮来には、様々な歴史的由来に満ちあふれていることを実感いたしました。

 「潮来のニャンコ節」という曲も、そのような、潮来の様々な歴史的な由縁がおりなすオーラのようなものが、作らせてくれたのではないかと思った次第。

 ちなみに、長勝寺では、猫好きの気配を察知したのか、まず、豹柄の猫が、姿を現し、そして、悠然と去っていきました。

 それからしばらくすると、今度は、鳴き声とともに、白猫が登場。
 やおら、道端にごろんとねころぶ白猫。
 よく見ると、体じゅうに、米粒ほどの大きさの、緑色の種っぽいものが付着していて、どうやら、それを取り除くことを期待している模様。
 しかし、期待、とはいいながら、そのたたずまいは、「とって下さい」という下から目線、のものではなく、「とるがよい」という殿様目線!(いや、雌猫だったから姫様目線!)
 
 謹んで、二人して、種外しにあたらせていただきましたが、なかには、がっちり毛にからみついているものもあり、それをとろうとすると、かなり毛を引っ張る形になってしまうこともしばしば。すると、すかさず、「たわけもの!」と、ばかりに、ネコキックが飛んできたのであります。

 しばし、家来プレイ(?)を楽しませていたきました。

 最後に、「いろは」というお店で、「潮来のニャンコ節」を大変気に入っていただいた方も交えて、会食し、潮来見物の一日が過ぎてゆきました。

 ぽんたさん、ありがとうございました! m(__)m
(ちなみに、ぽんたさんのブログには、潮来見物半日コース、が、のっています。)

水源潮来観光協会

ねこどこ(寝子何処) ーまとめー 
ニャトランティスが呼んでいる(猫対睡魔) ーまとめー 
半音なんてこわくにゃい(半音上等) ーまとめー
にゃんだふるわーるど(般猫心経) ーまとめー
潮来のニャンコ節(潮来猫節)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月 3日 (木)

パントマイムライブ(5/30)

 MPJの朝生氏が出演すると聞き、パントマイム公演を見に行ってきました。

 その公演を紹介した朝生さんのブログのなかで、がーまるちょばさんの名前が出ていて、以前、私が、企画ライブをやっていた頃に、がーまるちょばさんに出演依頼したことがあったのを、思い出して、縁(?)を感じて、足を運んだ次第。

 後半しか見られなかったのですが、皆さん、笑いを取りにきていて、かつ、笑いが取れていて、予想以上に楽しめました。
 朝生さんを含め、最近始めたという人がけっこういたのに、そのパフォーマンスは堂々としていたのは、パントマイムのような、言葉を使えず、ある意味でハードルが高い(?)パフォーマンスにチャレンジしようとする人というのは、これまでに、音楽なり演劇なり、なんらかのステージ経験のある人達が多いからなのではないかと推測。

がーまるちょば(Wikipedia)
東京マイムシティ
PA/F SPACE(パフスペース)
MUSIC☆PORT JAPAN

ねこどこ(寝子何処) ーまとめー 
ニャトランティスが呼んでいる(猫対睡魔) ーまとめー 
半音なんてこわくにゃい(半音上等) ーまとめー
にゃんだふるわーるど(般猫心経) ーまとめー
潮来のニャンコ節(潮来猫節)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »