« ヒミコとヒミオのニャンコ節 | トップページ | ニコニコ生放送で「杜の都のニャンコ節」を »

2010年9月 4日 (土)

ロマンスの大往生際祭 〜 万象房 (8/28)

 町田の簗田寺で行われたロマンスの大往生際祭へ。

 出演者は、鯖さびMICABOXショピングッドラックヘイワ長谷川健一西遊記&浅井竜介、COINN、齋藤謹也(説法)、トクマルシューゴ

 多種多彩な出演者による演奏もさることながら、お寺で演奏を聴くというたたずまい(?)に魅了されたような次第。
 気になる出演者のときは、本堂に入り、かぶりつきで見て、そうでもないときには、本堂を出て、庭で、演奏を聴き流しながら、食事したり談笑したり、というこのゆるい感じがたまりませんな。

 コンサートホールや、ライブハウスなどの、完全に閉じきったスペースだと、子供のはしゃぎ声などが、ノイジーに感じられたりすることもありますが、この開放的な空間では、そういうことが全くなく、かつ、季節感満載のセミたちによるバックコーラスも心地よく、いい一日でありました。

 最近の野外フェスの盛況ぶりも、そういうところに理由があるのかなと。(野外フェスには一度も行ったことないですが•••)

 演奏の方では、神楽・伝承音楽研究家のMICABOXのパフォーマンスが衝撃的でありました。
 今回は、MICABOXのみでの演奏は2曲しかなかったので、また、どこかで見てみたいものであります。

 そして、日が落ちた頃、簗田寺を後にして、同じ町田の万象房へ。

 浅野組による、いわゆる「オールディーズ・バット・グッディーズ」な曲の数々でありました。
 うーん、今日は、ちょっと飲み過ぎました。


 というわけで、動画は、MICABOXのひねもすという曲。


HINEMOSU

ねこどこ(寝子何処) ーまとめー 
ニャトランティスが呼んでいる(猫対睡魔) ーまとめー 
半音なんてこわくにゃい(半音上等) ーまとめー
にゃんだふるわーるど(般猫心経) ーまとめー
潮来のニャンコ節(潮来猫節)

|

« ヒミコとヒミオのニャンコ節 | トップページ | ニコニコ生放送で「杜の都のニャンコ節」を »

猫的見聞録」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロマンスの大往生際祭 〜 万象房 (8/28):

« ヒミコとヒミオのニャンコ節 | トップページ | ニコニコ生放送で「杜の都のニャンコ節」を »