« 「般猫心経」の中国語字幕版をアップしました | トップページ | 夢見がちなニャンコ節(夢見猫節) »

2010年10月18日 (月)

「般猫心経」の台湾語字幕版をアップしました

 一昨日アップした、猫豆福耳堂の第4作「にゃんだふるわーるど(般猫心経)」の中国語字幕版に引き続き、台湾語字幕版を、YouTubeとニコニコ動画にアップしました。

 翻訳は、中国語版に引き続いて、Gat Tinさんにお願いしました。ありがとうございました! m(__)m


貓咪天地 (般貓心經)


ニャンでかな ニャんでだろう 
ニャニからニャニまで うまくゆく
ニャニしても ニャニみても 
ウニャニャン、ウニャニャン、ニャンダフル!

為甚喵? 干甚喵?
萬事如意 不恐怖
做甚喵 看甚喵
妙智妙慧 不得了!

 ニャーティー、ニャーティー、ハラニャーティー
 ハンニャ、ハンニャで いきるのニャー
 ニャーティー、ニャーティー、ハラニャーティー
 しんぱいニャイニャイ ニャラダイス!

 喵諦喵諦,波羅喵諦
 般若 斑貓 活下去
 喵諦喵諦,波羅喵諦
 不用擔心 貓咪天地!

こんニャちは さようニャら 
トーザイニャンボク いけるのニャー
ニャニからも ニャニへでも 
ウニャニャン、ウニャニャン、ニャンダフル!

你好喵? 再見了
東西南北 到哪里
由甚喵 變甚喵
妙智妙慧 不得了!

 ニャーティー、ニャーティー、ハラニャーティー
 ハンニャ、ハンニャで いきるのニャー
 ニャーティー、ニャーティー、ハラニャーティー
 しんぱいニャイニャイ ニャングリラ!

 喵諦喵諦,波羅喵諦
 般若 斑貓 活下去
 喵諦喵諦,波羅喵諦
 不必擔心 喵格里拉!


  あしたはニャンとも いえニャイけれど 
  ニャニはニャニあれ ニャニするニャー

  不知明天 過得怎麼樣
  無論如何也 繼續叫喵喵


 ニャーティー、ニャーティー、ハラニャーティー
 ハンニャ、ハンニャで いきるのニャー
 ニャーティー、ニャーティー、ハラニャーティー
 しんぱいニャイニャイ ニャホンばれ!

 喵諦喵諦,波羅喵諦
 般若 斑貓 活下去
 喵諦喵諦,波羅喵諦
 不必擔心 藍天晴日!


 ニャーティー、ニャーティー、ハラニャーティー
 ハンニャ、ハンニャで いきるのニャー
 ニャーティー、ニャーティー、ハラニャーティー
 しんぱいニャイニャイ ニャンニャン!

 喵諦喵諦,波羅喵諦
 般若 斑貓 活下去
 喵諦喵諦,波羅喵諦
 不必擔心 喵喵!



貓咪天地 (般貓心經) (YouTube)


ねこどこ(寝子何処) ーまとめー 
ニャトランティスが呼んでいる(猫対睡魔) ーまとめー 
半音なんてこわくにゃい(半音上等) ーまとめー
にゃんだふるわーるど(般猫心経) ーまとめー
潮来のニャンコ節(潮来猫節) ーまとめー
杜の都のニャンコ節(杜都猫節) ーまとめー

|

« 「般猫心経」の中国語字幕版をアップしました | トップページ | 夢見がちなニャンコ節(夢見猫節) »

にゃんだふるわーるど」カテゴリの記事

コメント

これを『台湾語』と表示してしまうと
誤解が生じる虞れがあるとおもいます。。

拝見したところ、
(先般の「中国語版」とは漢字の字体の差だけ
しかないので、)
この字幕は、
正しくは『中文繁体字版』と呼ぶべきです。
そして、先般アップされた『中国語版』は
『中文簡体字版』と表示されるべきでしょう。。

本当の台湾語(漢語閩南方言系)であれば、
漢字での表記は不可能に近いとおもわれますが、、
(但し、この度上梓のものを台湾方言音で読む
 ことは可能でしょうが…)
もし、
そうしたもの(台湾口語)も制作可能なのでであるならば、
広東語版(口語ながら方言専用字も用いて表記可能)
の制作も期待したいところです^^

ついでに、
(現在の字幕の表現でも可能なようですから、)
中国語や台湾語で唄っているバージョンの制作も
期待します^^

投稿: TERuアマテラス観自在 | 2010年10月31日 (日) 23時31分

 ご指摘をありがとうございました!

 訳者の方からも、同様のご指摘をいただき、また、他に、2、3カ所の修正箇所がありましたため、修正版の動画を、近日中に再アップする予定です。

 中国関係の知識が、圧倒的に貧弱なため、いろいろとボロが出たりしておりますが、少しずつ、さらなる展開をしていければと思っておりますので、今後とも、よろしくお願いいたします! m(__)m

投稿: 猫豆福耳堂 | 2010年11月 1日 (月) 11時46分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「般猫心経」の台湾語字幕版をアップしました:

« 「般猫心経」の中国語字幕版をアップしました | トップページ | 夢見がちなニャンコ節(夢見猫節) »