« 御園花祭(11/13、14) | トップページ | 般猫心経 エスペラント語字幕版 »

2010年11月26日 (金)

平成の茶道とは?

 先々週の神楽初体験の際に、居合わせた人から教えてもらったのが、「茶道をOLに開放せよ! きみも今日から千利休」というキャッチフレーズの給湯流茶道

 生で見た神楽とは別種の、しかし、同じくらい大きなインパクトを感じた次第。



給湯流茶道ダダ漏れ(USTREAM)


ねこどこ(寝子何処) ーまとめー 
ニャトランティスが呼んでいる(猫対睡魔) ーまとめー 
半音なんてこわくにゃい(半音上等) ーまとめー
にゃんだふるわーるど(般猫心経) ーまとめー
潮来のニャンコ節(潮来猫節) ーまとめー
杜の都のニャンコ節(杜都猫節) ーまとめー

|

« 御園花祭(11/13、14) | トップページ | 般猫心経 エスペラント語字幕版 »

猫的見聞録」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりでございます。
「給湯流茶道」確かにインパクト大でございました。
ゴザぐらい敷いてもバチは当たらないのじゃないかと思うのですが、それも「道」なのでしょうね。
軟弱な私は、食卓でお抹茶頂こうと思います・・(*´ェ`*)

投稿: ぽんた | 2010年11月27日 (土) 01時50分

 コメントをありがとうございます!

 ゴザを敷く余裕もない時代、ということを表現しているのかもしれませんね。
 ふざけているように見えながらも、求道的なものも感じられるところが、素晴らしいなと思った次第です。
 

投稿: 猫豆福耳堂 | 2010年11月27日 (土) 10時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250395/37852562

この記事へのトラックバック一覧です: 平成の茶道とは?:

« 御園花祭(11/13、14) | トップページ | 般猫心経 エスペラント語字幕版 »