« にゃんこちしん(猫故知新) | トップページ | 楽譜×3 »

2011年1月 8日 (土)

安土桃山時代のニャンコ節(信長猫節)

思へばこの世は常の住み家にあらず
草葉に置く白露、水に宿る月よりなほあやし
金谷に花を詠じ、榮花は先立つて無常の風に誘はるる
南楼の月を弄ぶ輩も 月に先立つて有為の雲にかくれり
にゃんこ十余年、化天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり
一度生を享け、滅せぬもののあるべきか
一度生を享け、滅せぬもののあるべきか

Img

敦盛(幸若舞) (Wikipedia)


幸若舞-敦盛 (2010年版)(YouTube)

ねこどこ(寝子何処) ーまとめー 
ニャトランティスが呼んでいる(猫対睡魔) ーまとめー 
半音なんてこわくにゃい(半音上等) ーまとめー
にゃんだふるわーるど(般猫心経) ーまとめー
潮来のニャンコ節(潮来猫節) ーまとめー
杜の都のニャンコ節(杜都猫節) ーまとめー

|

« にゃんこちしん(猫故知新) | トップページ | 楽譜×3 »

あの時代のニャンコ節」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安土桃山時代のニャンコ節(信長猫節):

« にゃんこちしん(猫故知新) | トップページ | 楽譜×3 »