« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月25日 (日)

Live!「Something in the way ~ガンガーに抱かれて~」(2/18) 町田万象房

 ネパール&インド音楽のゆうべ。

 万象房では、インドの楽器であるタブラやシタールの教室を開催していることもあり、よく、インド音楽のライブをやっているわけですが、インド音楽という時点ですでに、かなりディープというかコアなわけですが、今回はネパールにまで足を踏み入れるという、ハードコア(?)な夜でありました。

 5周年をへて、じわじわと町田のなかの秘境的なスペースになりつつあるようです。

 というわけで、動画は、ネパールでもっともポピュラーな民謡の一つだという「レッサンピリリ」。


お店のブログでのレポート


nepali song Resham Firiri street musician

続きを読む "Live!「Something in the way ~ガンガーに抱かれて~」(2/18) 町田万象房"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月22日 (木)

「バスが来ない」の英訳字幕版

 猫豆福耳堂以前の活動に関わる話で恐縮ですが、「バスが来ない」の英訳字幕版 No Bus Come(Bus stop named despair) を、ユーチューブにアップしました。

 英訳は、GooGooさんにお願いしました。ありがとうございました!

到着時間は とっくに過ぎた
待ち合わせの時間も とっくに過ぎた
日没時間も とっくに過ぎた
最終便の時間も とっくに過ぎた
それなのに
バスが来ない バスが来ない

The time of arrival, has long passed.
The time of the date with my girlfriend, has long passed.
The time of sunset, has long passed.
The time of the last bus, has long passed.
But still,
The bus hasn’t come, the bus hasn’t come.


地団駄踏んでも 土下座をしても
座禅を組んでも 逆立ちしても
バスが来ない バスが来ない

I stomp, I get on my knees,
I meditate, or I stand on my hands,

But still,

The bus doesn’t come, the bus doesn’t come.

朝刊配達の バイクが来た
夕刊配達の バイクも来た
季節が変わり 冬が来た
彼女には別の 男ができた
それなのに
バスが来ない バスが来ない

A paper boy came with morning papers.
A paper boy came with evening papers.
Seasons change, winter has come.
She now has a new boyfriend.
But still,
The bus hasn’t come, the bus hasn’t come.


父親と母親が あの世へゆき
彼女には 二人目の孫が生まれ
バスが来ない バスが来ない
太陽が西から のぼりはじめ
北からミサイル 飛んで来た
それなのに
バスが来ない バスが来ない

Mom and dad have gone to heaven,
The second grandchild has just came to her.
The bus hasn’t come, the bus hasn’t come.
Now the sun rises from the West,
A missile flew in from the North.
But still,
The bus hasn’t come, the bus hasn’t come.


No Bus Come(Bus stop named despair)

 なお、日本語字幕(のみ)版は、バスが来ない

続きを読む "「バスが来ない」の英訳字幕版"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月21日 (水)

全力般猫心経 ーまとめー

 猫歌制作工房である猫豆福耳堂の第10作にあたる、「全力般猫心経」に関する動画や関係サイトのアドレス、ブログのエントリーをまとめました。
 今後、増えたものについては、随時、このページに追記していきます。


作詞作曲:全力猫八
編曲調声:稲敷常州(やんちゃP)
http://www.nicovideo.jp/mylist/6429841
基本図案:ポペミンプテトン 
http://www.pixiv.net/member_illust.php?id=292444
追加図案&描画配色:鈴一
題字書体:fub工房 
http://www2s.biglobe.ne.jp/~fub/

メインボーカル 初音ミク append soft
コーラス MEIKO、KAITO、鏡音リン、鏡音レン



全力般猫心経(YouTube)

全力般猫心経(ニコニコ動画)
全力般猫心経(YouTube)
全力般猫心経 英訳字幕版(YouTube)

猫豆福耳堂ブログ

歌詞&譜面
MP3&カラオケ
ビリビリ動画への転載
全力般猫心経の英訳字幕版
全力般猫心経のフルスコア

般猫心経アレンジリンク

続きを読む "全力般猫心経 ーまとめー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月14日 (水)

文京区 日本舞踊のつどい(2/12) 文京シビックホール

 文京区内の日本舞踊愛好者による発表会。

 まず、児童の部で、子供が、30人くらいでてきたのにびっくり。
 伝統芸能系の発表会で、こんなに大勢の子供の姿を見るのもそうそうないような。
 小学生くらいの子でも、指先まで神経が通っているような感じができているように見える子もいて、なかなかに頼もしき舞姿でありました。

 また、舞踊系の発表会では、純邦楽っぽいものから、演歌調、一昔前の歌謡曲風味なものなど、踊りのBGMとして使われる音楽を聴くのも楽しみの一つなのでありますが、今回、使われた曲の中で、特に印象に残った「夜桜小唄」という曲を、帰宅してからネットで調べたら、その曲は、舞踊向けに作られたものであることがわかり、「舞踊歌謡」なるジャンルが存在していることを、初めて知り、これまたびっくり。

 というわけで、動画は、その「夜桜小唄」は、残念ながら、発見できなかったので、その曲を歌っている相原ひろ子さんの別の曲を。

文京区 日本舞踊のつどい
相原ひろ子(プロフィール)


新・二十一世紀音頭/相原ひろ子

続きを読む "文京区 日本舞踊のつどい(2/12) 文京シビックホール"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 6日 (火)

にゃんだふるわーるど(般猫心経)をBGMに

 下記の動画で、にゃんだふるわーるど(般猫心経)をBGMとして使用していただきました。ありがとうございました! m(__)m


アルテミスの写真集_Artemis the Cat
猫豆福耳堂の曲を使用していただいた動画(YouTube)

続きを読む "にゃんだふるわーるど(般猫心経)をBGMに"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「使い捨てされないアーティストになるために」~アーティストだらけの本音ポロリ大会~ (1/25)

 雑司が谷のアートステーションZというところで行われた「使い捨てされないアーティストになるために」~アーティストだらけの本音ポロリ大会~というイベントというか飲み会に参加してまいりました。

 就職希望はありながらも、これまでに、就職せずにアーチストとして生きのびてこられたという藤浩志さんをはじめ、参加者それぞれにユニークなバックグラウンドをお持ちで、たいへん楽しいひとときでありました。

主催者によるレポート

 その後、せんだって、TVの「もやもやさまーず」で雑司が谷がとりあげられた時に、インパクトのある登場をされ、ネットでも反響があったという東さんの創作兼発表の場であるZギャラリーへ。
 現代アートとしての活動のみならず、実験音楽系ミュージシャンとしても活動されているとかで、家の中には、多種多様なユニークな楽器がひしめいておりました。

 そんなこんなでたいへんに濃い一日でありました。

としまアートステーションZ
アート集団「ZAG」(Twitter)

続きを読む "「使い捨てされないアーティストになるために」~アーティストだらけの本音ポロリ大会~ (1/25)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 2日 (金)

ニャンセンスのうた

にゃんこの扇子は ニャンセンス
にゃんこの扇子は ニャンセンス
はらいまする 
なつのあつさを はらいまする
ひとふりごとに はらいまする
まねきまする 
さやけきかぜを まねきまする
ひとふりごとに まねきまする

にゃんこの扇子は ニャンセンス
にゃんこの扇子は ニャンセンス
はらいまする 
あしきながれを はらいまする
ひとふりごとに はらいまする
まねきまする 
あまたのさちを まねきまする
ひとふりごとに まねきまする

扇子(Wikipedia)
般猫心経アレンジリンク

Img


Img_0001


続きを読む "ニャンセンスのうた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »