« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月28日 (月)

オープンマイク(7/17) 大塚ウエルカムバック

 最初の方は、集まりがよくなかったので、これは、ひょっとすると3巡も?と思ったものの、少しずつ集まり出して、結局、一部の人のみ2巡、という感じでした。

 この日は、まもなく完成予定の扇子のPRソングである「ニャンセンスのうた(ツツピポ)」を、初めて歌いました。
 ボーカロイド想定ソングなので、私には、というか、人間には歌えない(?)部分があったりするのですが、強引に歌わせていただきました。

演目
1巡目 ニャンセンスのうた(ツツピポ)
2巡目 にゃんこかぞえうた

 他の方々は、カバーでは、存在は知っていたものの聴いたことがなかった、死んだ男の残したものはや、日本人がカバーしているのを初めて聴いたCrazy Love、そして、鼻笛による壮絶な(?)、 蝋人形の館 などなど、そして、オリジナルでは、結婚記念ソングならぬ、離婚一周年記念ソング、CMソングねらい(?)的な曲、というバラエティー豊かな内容でありました。
 また、ウエルカムバックのオープンマイクではいつもののことながら、新旧スタッフがいれかわりたちかわりの熱演、司会、で、盛り上げてくれました。

 なお、ステージでは、披露されなかったものの篠笛を持って来ていた人がいたので、次の機会では、ぜひステージで演奏していただきたいものであります。

 そして、最後は、マイスイートホームシカゴ、あらため、マイスイートホームオオツカ、あらため、カモがいるカモのセッションで大団円。

 次回は、8月4日とのことです。

welcome back!!


これまでの制作リスト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月21日 (月)

オー、シャンゼリゼ(猫と歌と酒の讃歌)

知ってますか シャンゼリゼは
日本語にしたら 極楽浄土
わざわざ遠くへ いかなくても
楽しければそこが シャンゼリゼ

オーシャンゼリゼー 
オーシャンゼリゼー
猫がここに いてさえくれば
いつでもそこが オーシャンゼリゼ

君と一緒に 歌いたいな
心に響く あの歌を
調子外れでも 問題ないさ
ときを忘れて いつまでも

オーシャンゼリゼー 
オーシャンゼリゼー
声をかさねて 君と歌えば 
いつでもそこが オーシャンゼリゼ

なんだか今日は 騒ぎたい気分
バイオリズムが 浮かれてる
あれやこれやは すべて忘れて
みんなで行こう あの店へ

オーシャンゼリゼー 
オーシャンゼリゼー
グラスかわして お酒を飲めば 
いつでもそこが オーシャンゼリゼ

オー呑んでるぜ 
オー呑んでるぜ
お前なんかに 言われなくても
おれはいつでも 呑んでるぜ

シャンゼリゼ通り(Wikipedia)
Les Champs Elysees Chords

これまでの制作リスト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月18日 (金)

オープンマイク(6/17) 大塚ウエルカムバック

 この日は所用のため、出演を断念していたのであるが、少し早めに所用が終わり、といいつつ、一度家に帰って支度をしたら終了時間頃になってしまうという微妙な時間帯だったので、お客さんとして見に行くことに。

 お客さんということで、気楽にお酒をがんがん飲んでいたら、スタッフさんからせっかく来たんだから出ませんかとのお誘いが。
 しかし、猫耳、木魚、作務衣のライブの三点セットがすべてないうえに、全く準備もしていなかったので、謹んでお断りさせていただいたら、しばらくして、スタッフさんが、過去の出演者さんの忘れ物だというカウベル(?)と猫耳(!)を持って来られたので、外堀を完全に埋められ(?)出ることになった次第。

 一瞬、来る21日に町田 万象房でやるカブト虫ネタをやろうかとも思ったのであるが、曲は完成していたものの、まだ一度も練習しておらず、かつ、譜面も手元にないということで、かろうじて断念。
 素面なら一瞬でもそんな思いは起きないはずであり、やはりお酒の力は怖いなと。

 でもって、定番の曲を2曲やらせていただきました。

演目
1、にゃんこかぞえうた
2、インターニャショナル

 それ以外には、いつもはピアノの弾き語りの小山ひとみさんが、この日は、ギターで、「スリッパでコンビニへ」、「死ぬまで歌え馬鹿野郎」というインパクトのある歌を歌い、お客さんにイタリア人のカップルがいて、薩摩琵琶には大いに関心を示したものの、木魚には全く関心を示さなかったり、そして、ホセ有海さんと中村さんからなるPAズの「Let It Be Me」に感動いたしました。

 そしてヘロヘロ状態での帰り道に、Dining Bar 海の女将さんが大ちゃん(犬)の散歩をしているところに遭遇。
 大ちゃんは、私が猫的活動をしていることを知ってか知らずか、私と出会うなり、○意をもよおし•••。

welcome back!!

これまでの制作リスト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月14日 (月)

ノアロー (5/18) 下北沢ラグーナ

 唯一無比のノアローワールドはこの日も圧巻であった。

 現在制作中との新作がたいへんに楽しみである。

ノアロー
ラグーナ

美しい日 from ノアロー on Myspace.

これまでの制作リスト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 7日 (月)

Music&Wine (4/12) 笹塚CHESHMEH(チェシュメ)

YouTubeで遭遇した曲を演奏しているグループ(Rain In Eden)のことをネットで調べてみたら、笹塚にお店を開いてるとのことだったので、行ってみた次第。

 元は小料理屋だったみたい(その時の看板がまだ残っている)で、奥にある座敷のスペースで、数人がセッションをしていた。
 一人が、シンセで通奏低音的なリフを流し、そのうえにフレームドラムやアフガンルバーブをかぶせ、もう一人が、エレキギターでミニマル的なフレーズをからめ、さらにもう一人が、尺八などをからめていた。

 その一方で、映画SAMSARAの映像がずっと流れていて、しばし異空間に遊ぶ心地がしたのであった。

 購入したCDも、適当な言葉が見つからないが、雰囲気ものにとどまらぬ、焦点がしっかりと定まった独自のワールドミュージックという感じがして、たいへんに素晴らしかったのであった。


CHESHMEH チェシュメ
Rain In Eden Online

これまでの制作リスト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »