« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月28日 (火)

中車水車小屋での打ち上げ〜ノアローライブ(下北沢ラグーナ)(9/23)

 打ち上げ場所の中車水車小屋は、名前の通り、水車がついた木造のお店で、かつ、お店の前には、一面の田んぼが広がるという、都内とは思えない素晴らしきロケーションのお店でありました。

 そして、打ち上げから参加した人もいたのですが、そのなかに、旧はらいそ時代に、何回か対バンさせていただいた永井Leeさんがいたり、その名も「にゃんこ音楽隊」というバンドのメンバーの人がいたりと、ライブ以上に濃厚なうちあげでした。

 ちなみに、ここでも、途中からパフォーマンス大会となり、私は、紙芝居のエモリハルヒコさんが爆発的にうけた後で、たいへんやりづらかったですが、干支の十二支を歌っておぼえる「ねこどこ」をやらせていただき、中座させていただいたのですが、参加者の中には、水車小屋に宿泊する予定の人も何人かいるとのことでありました。

演目
ねこどこ

のんびりカフェ 中車水車小屋


 そして、私は下北沢のラグーナでのノアローのライブへ。

 CDとして発表済みの曲はもちろん、まだ発表されていない3曲も素晴らしかったのでありました。
 また、MCのなかで、「にゃんこ」というあだ名の旧友についての話があり、今日は、にゃんこづくしな一日であったなと。
 
ノアロー
ラグーナ


これまでの制作リスト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オープンマイク ハコノカフェ(9/23)

 この日は、東京は羽村のハコノカフェのオープンマイクに参加。

 参加者は、ハコノカフェそばのボーカルスクール所属の子供たちをはじめとする地元のひとたち、主催者である羽村のお豆腐屋さん(響々庵)が、かつて働いていた下北沢のArtistつながりの人たち、そして、私のような飛び込みの人、でありました。

 最初は、子供たちが数人ずつ組んでの出し物が続いて、それが終わったら、子供たちは帰るのかと思いきや、ほとんどの子は、ゲームしたり、漫画したり、時々ステージをみたり、というまったりモードで最後まで残っていて、オープンマイクというより、地域の寄り合いの後の余興大会に参加してるみたいで、たいへんに新鮮でした。
 内容も、紙芝居、本のよみきかせ、ギター弾き語り、DJ、独唱、などなど、バラエティーにとんでいて、お客さんとしても、楽しませていただきました。

 ちなみに、私は、この日の前日に数年ぶりに2時間ほどボーカルのレコーディングを行ったのですが、その結果、少し張り上げようとすると、声が裏返りかけてしまうというよれよれ状態で、のど力(?)の鍛え直しの必要性を痛感した次第。

演目
1、にゃんこかぞえうた
2、漱石音頭
3、ポクポクにしてあげる 

 さらに、最後に出演した、三線とチンドン太鼓(!)からなる農MUSIC農LIFE RECORDSのお二方と1曲、共演までさせていただき、さらに、農MUSIC農LIFEのTシャツと猫扇子(ニャンセンス)の抱き合わせ販売により、グッズも売れて、たいへんにありがったかったのでありました。

 そして、この日は、昼前頃から始まったので、夕方頃には、終了となったのですが、同じ羽村のなかの別のお店で打ち上げをやるとのことだったので、私も、短時間ながら参加させていただくことに。

                         つづく

ハコノカフェ

これまでの制作リスト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月15日 (水)

新曲「にゃんこかぞえうた」をアップしました

 新曲「にゃんこかぞえうた」をアップしましたので、よろしくお願いします。m(_ _)m

 ちなみに、この曲は、ライブ活動の再開を意識しだした頃に、ライブでの演奏を念頭において作った曲なので、自分の歌バージョンでアップしたかったのですが、数年ぶりのレコーディングが、予想通り(?)難航中なので、困った時のミクさん頼みで、とりあえず、ミクさんバーションをあげたいと思います。

これまでの制作リスト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バスが来ない、35万再生

 旧はらいそ時代の代表曲「バスが来ない」のユーチューブでの再生数が35万に届きました。
 見ていただいた方々、ありがとうございました! m(__)m


これまでの制作リスト


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月10日 (金)

パムり倶楽部 vol.2 (9/14) 新宿ゴールデンエッグ

 この日は、新宿御苑RUTOでのオープンマイクにひきつづき、パムで増える迷路ちゃんの「檀家は継がない」という曲に、ひんでん高橋 秀樹さんとともに乱入(?)し、木魚をたたかせていただきました。

 ちなみに、他の出演者は、ヒップホップ調ではないサウンドにラップをのせるアゼガミ、風邪でのどが死んでるなか、各種エフェクトを駆使したギターや様々なパフォーマンスで乗り切っていたカモメのジョナサン、屈託のある(?)歌詞を、軽快なカッティングのギターにのせて歌っていた口石アキラ、やさぐれたガレージパンクを男女デュオでがなっていたツージーズ、そして、神田川という意表をつくカバーや独特なオリジナルソングのパムで増える迷路ちゃんという濃い面々でした。

 なお、カモメのジョナサンが、ライブ中に、客席に降りて来て、何かを配っていたので、なにかと思っていたら、これがコン○ームなのでありました。
 これは、乱入時に、こいつを使って何かやれ、ということだなと判断(?)し、出番がくるまで、色々思案。
 最初に考えたのは、以前、ネットで見たことがある、無理矢理に頭に被る、というものだったのですが、私の場合、普通の人より頭のサイズがでかいこともあって、本当にかぶれるか不安だったので、これは却下。
 続いては、木魚にかぶらせるというものだったのですが、肝心の木魚の音に支障が出る可能性が大なのと、視覚的に、木魚に被らせてもわかりづらいのではないかということで、これも却下。
 結局、プロ野球の球場でよく終盤にやっている風船飛ばし系で行こうと思ったのですが、これがなかなかうまくふくらませることができず、天井にも届かず、失敗した打ち上げ花火みたいな残念な結果に。
 精進(?)したいと思います。

 あと、DJが、旧はらいそ時に何度か一緒になった新世紀ラブリネスに在籍していた 仲川政行 氏でびっくり。
 
これまでの制作リスト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オープンマイク(9/4) 大塚ウエルカムバック

 この日は、大盛況であった前回に比べるとやや落ち着いた集まり具合で、久しぶりに二巡しましたが、その一方で、初参加の方が多かった印象。

 また、この日に演奏されたカバー曲は知らない曲が多かったのですが、そんななかテルミンによる「セクシー」にしびれました。

 なお、私は、一巡目はギターの弾き語りで、二巡目は木魚の叩き語りでやってみました。

演目
一巡目
1、オー、シャンゼリゼ(猫と歌と酒の讃歌) 2、雑司ヶ谷オンマイマインド 
二巡目 にゃんこかぞえうた

welcome back

これまでの制作リスト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »