« 12月13日(土)に西新井での農家と音楽の縁結びイベントに出演します | トップページ | 12月14日(日)に新宿ゴールデンエッグに出演します »

2014年12月 6日 (土)

オープンマイク 大塚ウエルカムバック (12/1)

 お店に入る前に、軽く腹ごしらえを、ということで、大塚駅前の富士そばに入ったら、PAのホセ有海さんがすでに腹ごしらえ中でありました。
 ところで、富士そばというと、BGMが演歌オンリーなので知られているわけですが、かけそばを食べ終えかけた頃に「デカンショで半年暮らす」というフレーズが耳にとびこんできたのでありました。

 明治だか大正だかに、そういうフレーズの歌がはやったことがあるらしいという事は知っていたものの、なんとなく、そこ以外の歌詞は当世風(?)だなと思って、帰宅後調べたら、デカンショ節をモチーフにした新曲で、来年1月に出る松尾雄史という人の青二才という曲でありました。

 そして、オープンマイクの方は、出演者十数組+お客さんと盛況で、常連組が、風来亭絵暦輝さんのマトリョミンによるクイーンのボヘミアンラプソディ(!)、鼻笛の方による星降る街角、プリンちゃんによる横浜銀蝿の曲のクリスマスバージョンなどのそれぞれに破壊力のあるカバーを披露する一方で、初登場の人が、リュートをもって登場。

 しかも、独奏かと思いきや、平家物語の冒頭や、山上憶良の歌を、ショパン、ブラームスなどのクラシックの曲にのせて弾き語るという合わせ技一本、という内容でありました。

 そして、もう一組、初登場のJPモンローさんが、ベース+ドラムという珍しい編成で、ひみつのあっこちゃんのすきすきソングや、はたらくくるま等を熱演、だけでなく、引き連れて来たお客さんともども、オフステージでも、盛り上げてくれたのでありました。

 私は、今度、12月13日に、初ライブを行うことになった木魚集団、木魚ズのレパートリーの中から、ポクラーのテーマを、そして、2巡目は、久しぶりに、ビートルズのカバーで、キャットインザUSSR(ミールがやって来る、ニャァ!ニャァ!ニャァ!)を、やりました。

 しかし、次のオープンマイクは来年、なわけで、一年がたつのが早すぎるというほかはない今日この頃。

演目
1巡目 ポクラーのテーマ
2巡目 キャットインザUSSR(ミールがやって来る、ニャァ!ニャァ!ニャァ!)


welcome back

これまでの制作リスト



|

« 12月13日(土)に西新井での農家と音楽の縁結びイベントに出演します | トップページ | 12月14日(日)に新宿ゴールデンエッグに出演します »

ライブレポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250395/58189833

この記事へのトラックバック一覧です: オープンマイク 大塚ウエルカムバック (12/1):

« 12月13日(土)に西新井での農家と音楽の縁結びイベントに出演します | トップページ | 12月14日(日)に新宿ゴールデンエッグに出演します »