« 歌舞伎町の詩人達の集い -TASKE生誕40周年記念SPECIAL (12/14) 新宿ゴールデンエッグ | トップページ | 1月4日(日)にライブが2本 »

2014年12月30日 (火)

キャンドルナイト(12/21) 小田原日乃出旅館

 小田原の日乃出旅館という風情のある場所で行われたキャンドルナイトに参加してきました。

出演者
Sab × Rain In Eden、Campur sari、小田原ディジュミー加藤ちゃぼ、BANDAluthier、オノカズSail…ハルノキイトウサチ小川剛、野崎元彦、タケシィ冨岡千幸オフトーンズ、YOUGO、Lee,Jun & Tincan

 ディープな出演者てんこもりでしたが、個人的には、今年の四月に、ニアミス(?)した、レインインエデンを初めて生で見れたのと、能がらみのコラボがたいへん印象的でありました。

 まず最初のコラボは、冨岡氏の能の舞のバックで、オノカズ氏のアコギ、Jun氏のホーミーが鳴っていたのですが、普段あわさることのない要素をかけあわせてみました、というレベルにとどまらない有機的な何かが確実に立ちあらわれていたように感じたのでありました。

 続いては、ラストのLee,Jun & Tincanの1曲目で、冨岡氏が再登場。
 こちらも、出演者的には、冨岡氏の能舞と、ミュージシャンという構造ながら、能と音楽、というよりは、能という演劇と、別のシアトリカルなものが、拮抗し、せめぎあっているようなスリリングなひとときでありました。

 ちなみに、私は、小田原ディジュミーというディジュリドゥを中心とするピースフルにしてエブリバディカモーン(?)な混成楽団のなかの一芸コーナーみたいなところで、てらっちょさんの奄美大島の島唄サイサイ節、古山さんの斎太郎節とともに、木魚集団、木魚ズとして、ポクラーのテーマをやらせていただきました。
 貴重なお時間をいただき、ありがとうございました。m(_ _)m

 なお、このイベントは今回で10回目とのことでしたが、音楽のみならず、イベント全体の雰囲気が素晴らしく、もっと早く知りたかったなと思う次第。

これまでの制作リスト

|

« 歌舞伎町の詩人達の集い -TASKE生誕40周年記念SPECIAL (12/14) 新宿ゴールデンエッグ | トップページ | 1月4日(日)にライブが2本 »

ライブレポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250395/58424839

この記事へのトラックバック一覧です: キャンドルナイト(12/21) 小田原日乃出旅館:

« 歌舞伎町の詩人達の集い -TASKE生誕40周年記念SPECIAL (12/14) 新宿ゴールデンエッグ | トップページ | 1月4日(日)にライブが2本 »