« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月24日 (日)

ノアローライブ(12/5) 下北沢ラグーナ

 3枚目のCDがついに完成したとのことで、いわゆるレコ発ライブでありました。
 とはいいつつも、途中でミラーボールが回ったり、ということはあったりしたものの、いつもながらの淡々としたライブ進行でした。

 そして、CDは、これまでのはかなく美しきノアローサウンドをベースにしながらも、音楽的な色彩感がより多様になったような気がいたしました。
 後半に、聴きなじんだ曲の「空、冬の空」がでてきて、びっくりしました。
 一瞬、再録かと思ったものの、初期のCDR音源には収録されていたものの、これまでの2枚のCDにはまだ収録されていなかったことがわかったのでありました。
 そして、その曲からは、アレンジがかなり凝った曲が続き、ここらへんの曲は、ギター2本のライブ編成では難しいのでは、というか、最初から、ライブでやることは念頭においてないのかなとも思った次第。

 しかし、1曲目や5曲目は、ギターのみでも全く問題ないと思うのに、まだライブで耳にしたことがないので、ぜひいつかライブで演奏してほしいものです。
 と思っていたら、次回のライブは、4月2日に、高円寺の円盤でワンマンライブ、とのことで、非常に楽しみです。

ノアロー

僕のあの猫は。 from ノアロー on Myspace.

これまでの制作リスト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月13日 (水)

オープンマイク(12/25) 大塚ウエルカムバック

 クリスマス当日に、ウエルカムバックのオープンマイクに参加いたしました。

 ウエルカムバックの女性スタッフ3名がサンタコスプレをしていたり、出演者も一人セクシーサンタコスプレで踊りまくったり、ありとあらゆるクリスマスソングがとびかっておりました。
 その一方で、ボブディランの有名な曲や有名じゃない曲や、ミスチルの(私は知らなかった)曲や、モダンブルース的なオリジナル曲や、嵐を呼ぶ女(?)によるドラムソロや、世良公則ばりのアクション付きのあんたのバラードや、時系列が前後しますが、デビッドボウイの出演作の「戦場のメリークリスマス」の生前追悼(?)カバーがあったりしました。

 ちなみに私は、この前日に、古書往来座で、縄文時代に関するフリーペーパー縄文ZINEを見つけたこともあって、まず、縄文甚句を、そして、メリクリに強引にひっかけて、メリハリ般猫心経をやりました。
 そして、この日は、年末ということで、少し時間を延長してくれるとのことで、2巡目があったので、干支にひっかけて、ねこどこ、をやりました。

1巡目
1、縄文甚句  2、メリハリ般猫心経
2巡目 ねこどこ

 そして、オープンマイク終了後は、Dining Bar 海におもむき、QUEENのライブビデオを、ママさんといろいろつっこみをいれながらしばし鑑賞いたしました。
 そういえば、そこでも、デビッドボウイとクイーンの共作「アンダープレッシャー」が、演奏されていたなと。

つれづれ。 QUEEN&David Bowie - Under Pressure / 歌詞対訳

これまでの制作リスト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 9日 (土)

インターニャショナル(デモ)をアップしました

 インターニャショナル(デモ)を、サウンドクラウドにアップいたしましたので、よろしく願いいたします。m(_ _)m

これまでの制作リスト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 6日 (水)

バスが来ない、40万再生到達、ありがとうございます m(__)m

 ユーチューブでのバスが来ないの再生数が40万を超えました。
 見ていただいた方々、ありがとうございました! m(__)m

 また、今、盗作騒動の余波で、バス・ストップ(平浩二)が、プチブレイク中とのことのようですが、バスストップをカラオケで歌うついで(?)に、こちらもぜひよろしくお願いいたします。

バスが来ない/はらいそ JOYSOUND

これまでの制作リスト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 4日 (月)

宇宙般猫心経をアップいたしました

宇宙般猫心経をサウンドクラウドにアップいたしましたので、よろしく願いいたします。m(_ _)m

これまでの制作リスト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
m(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m

001

これまでの制作リスト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »