« オープンマイク(7/14) 亀有キッドボックス | トップページ | 8月9日(火)に、高円寺の無力無善寺に出演いたします »

2016年7月28日 (木)

夏休み直前!イメージ冠ナイト 高円寺ショーボート(7/18)

 ここ数日のさえない天気がうそのような快晴の日、「夏休み直前!イメージ冠ナイト」というイベントに参加させていただきました。

 ところで、旧はらいそ時代に、やることなすことうけて、「ひょっとして、今日、死ぬ運命なのか?」と思うようなことが、3回ありましたが、この日は、猫歌活動後、初めてその状態に遭遇いたしました。
 当然のことながら、そのような状況は、こちらの状態のみならず、イベントの雰囲気、お客さんの助力などがあってこそのものであり、関係各位の皆々様にあつく御礼申し上げる次第です。m(_ _)m

 まずは、オープニングのMalcom
 彼はいわゆるラッパーということになるのでしょうが、かなりエンターテインメント寄りのラップ、という感じで、アニメ声と野太い声の切り替え、ボイスパーカッションと歌の同時パフォーマンス、エグザイルと演歌のマッシュアップ、などなど、ラップに興味のない人にもとどくパフォーマンス内容で、かつ、リハーサルのときから、他の出演者に積極的にからんで、ムードメイキングをしていたのが、印象的でありました。

 つづいてが、藤田奈月
 オケを流してそれにあわせて歌うというスタイルでしたが、コンビニとかで、メジャー系のひとたちの曲にまぜて流しても違和感がないようなクオリティのオケに、きれっきれの激しいダンスをしながら歌っていて、私なら1曲でスタミナ切れしそうな熱量のパフォーマンスでした。
 ちなみに、この最初の2組のライブの中で、出演者「次の曲が最後の曲です」客席「え~~~~っ!」という流れができあがり、ありがたいような、プレッシャーなような、複雑な(?)気分で、自分の出番となりました。

 まずは、1曲目のにゃんこかぞえうたで、客席から登場して歌い、客席をぐるぐるしながら、最後の「にゃんちゅう!」で、初めてステージのマイクに歌う、というオープニング。そして、2曲目はインターニャショナル、とここまではいつものようなステージ進行。
 ちなみに、今回のライブでは、やりなれている演目で固めようかとも思ったのですが、いや、30分という時間なのだから、やはりチャレンジ的なこともやらねば、と思いなおし、これまでにあたりはずれが大きかったハイドン節と、作ったばかりの関白宣言をいれたわけですが、まずハイドン節が非常にうけてたいへんうれしかったのでありました。
 ハイドンと都々逸の強引なマッシュアップソング(?)であるハイドン節は、なんとなくキモのようなものが見えたような気がするとともに、さらにいろんな要素を足せそうな感じがいたしました。
 そして、その勢いで、恋のダイヤル2211で、にゃんにゃんわんわんしていただいたあとで、関白宣言(ねこまさしバージョン)も、2回ほど、歌詞がとびそうになったのを、なんとかこらえて乗り切り、最後に、ポクポクにしてあげるで、ゴールイン。
 猫扇子(ニャンセンス)が史上最多の8本も売れて、たいへんありがたかったのでありました。

演目
1、にゃんこかぞえうた
2、インターニャショナル
3、ハイドン節
4、恋のダイヤル2211(ニャンニャンワンワン)
5、関白宣言(ねこまさしバージョン)
6、ポクポクにしてあげる

 続いては、主催者のにゃんぷりーと
 私のものよりも明らかにハイグレードな猫耳をつけたにゃーさんとDJリボンさんによる2人組。
 にゃんぷりーとのテーマソング的な曲(多分)から始まり、軽妙なトークを交えてキャッチーなナンバーが続き、また、DJリボンさんが歌う猥雑なファンキーナンバーもアクセントになり、完成度の高いパッケージショーという感じがいたしました。
 ちなみに、ライブ前のにゃんぷりーとさんのリハ中に、下ネタチックな、いや、下ネタ以外の何物でもない曲が披露され、おかげで(?)、ハイドン節の中でやるかやらないか迷っていた下ネタパートをやることができました。\( ̄▽ ̄)/
 また、ライブ中に、360度カメラによる撮影があったり、お客さんにハイテク猫耳をつけている人がいたり、と、オールフロアー、オールステージ、なパフォーマンスでありました。

 そして、ラストはゼットン&パンドン
 最近、世界規模のライブコンテストのエマージェンザで、国内大会で決勝まで進出したとのことで、エネルギッシュな演奏、熱いMC、そしてニャンセンスを小道具的に使っていただき、恐悦至極でありました。
 最後は、にゃんぷりーとさんがオファーするきっかけになったという曲WAKUWAKU 動物ランドをみんなで歌いつつ大団円となったのでありました。
 ちなみに、最後の方で、私は「WAKUWAKU 動物ランド」を「POKUPOKU 木魚ランド」におきかえて歌っていたのは秘密です。

 最後に、全体的な印象として、この日の出演者は皆、MCを含めたステージ進行がうまかったなと思った次第。
 この日は、ありがたくも最初から最後までお客さんが盛り上がっていましたが、それは逆に言えば、客席から、想定外の不規則発言がとんできやすいということでもあるわけですが、皆、ひろったものはそつなくかえしていたなと。
 また、けっこう長めにしゃべっていても、場のボルテージが落ちなかったり、ステージで複数人がしゃべっていても、混線してグタグタにはならなかったり、と、MCについて、いろいろと気づかされるシーンが何度かありました。

 そんなこんなで、盛り上がり、かつ、勉強になった一夜でした。
 関係各位の皆々様、特に、声をかけていただいたにゃーさん、ありがとうございました!m(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m

高円寺ShowBoat

これまでの制作リスト

|

« オープンマイク(7/14) 亀有キッドボックス | トップページ | 8月9日(火)に、高円寺の無力無善寺に出演いたします »

ライブレポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250395/66730575

この記事へのトラックバック一覧です: 夏休み直前!イメージ冠ナイト 高円寺ショーボート(7/18):

« オープンマイク(7/14) 亀有キッドボックス | トップページ | 8月9日(火)に、高円寺の無力無善寺に出演いたします »