« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月31日 (水)

日本人最後の戦い

 シンゴジラを観たあとに、レッドツエッペリンの「アキレス最後の戦い(アキレスラストスタンド)」を、訳詞を見ながら聴いていると、「ジャパニーズラストスタンド」にしか聴こえない。

アキレス最後の戦い

旅立たなければならないと彼らが告げたのは4月の朝だった。
振り向くと微笑を返したあなたに、どうしてNOと言えるのだろう。
いつも夢に生きることが楽しみのすべてだった。
ああ、よろこびを歌うのは、我々が再び帰ることができたとき…。

彼らは私を振りほどき、生還の望みがない人たちの列へ。
寂れた街でこの一年に見たのは、悪魔たちの穴ばかり。
ああ、砂の大地と想像もしえない日々へ旅立つのか。
ああ、夢に触れようとしても、もう瞳には何も映らない。

太陽の南へ北へ、金の財布という欺瞞へ。
地面に置かれた砲列。妨げの数々が困難さを物語る。
ああ、風に乗り、空を踏みつけ爆音の上へ行けたなら…。
ああ、大声で笑い、踊りながら軍勢の向こう側へ行けたなら…。

先遣隊が指す先には、巨大な軍隊の進行。
欺く硝煙が我々の足を岩陰へと導く。
もし少しでも物音が響けば、それは王のための福音だ。
誇り高く響く重厚な足音に、肝を冷やさずにいられない。

過酷な日々が続き、誰も彼も永遠の夏の輝きを夢想した。
けれど遠く離れ、目指すには疲れすぎていた。
ああ、甘い記憶は魂を清め、傷を癒す。
ああ、私は捨てられていくのか?いまは再起のために眠るのみ…。

彷徨い、彷徨って、そこはたしかな休息の場所。
アキレスの力強い腕よ、地上の天国をお守りください…。

雨が降る。雨が降る。雨が降る…。

アキレスの力強い腕よ、地上の天国をお守りください…。

レッド・ツェッペリン
Led Zeppelin / Achiles Last Stand(1976) 訳詞如来が来ましたが?

これまでの制作リスト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月30日 (火)

白い煙

ほんとだぜ あの頃は
紫の煙にまみれて
夢とうつつのあいだを
ではいり してたのさ

ほんとかよ 近頃じゃ
白い煙でさえ
自由に吸えないらしい
早死にして 良かったぜ

よくきけよ 俺の名は
ジミ•ヘンドリックスだ
煙になった今でも
お前らより 燃えてるぜ

火をくれ
火をくれ

ジミ・ヘンドリックス

これまでの制作リスト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月18日 (木)

8月21日(日)に、高円寺北中夜市に出店いたします

 8月21日(日)に、高円寺の北中通りで行われる北中夜市(16時~20時)に出店いたしますので、よろしくお願いします。m(_ _)m

高円寺北中通り商栄会

これまでの制作リスト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月15日 (月)

ライブ宇宙ステイション(8/9) 高円寺無力無善寺

 猫耳坊主として、初の無力無善寺でのライブ。
 一言で言うと、場の磁力にのまれた感があったなと。
 旧はらいそ時代に一度だけ出たときも、そんな感じだったのを、ライブ後に思い出したりしましたが、なにはともあれ、今後も修行に勤しみたいと思います。
 ちなみにこの日は、ハイドン節的な方向をさらにすすめた新曲「ポクチン経」をはじめてやりました。

演目
1、にゃんこかぞえうた
2、インターニャショナル
3、宇宙般猫心経
4、ハイドン節
5、ポクチン経

 他の出演者は、仏教用語でかためられた曲や、文語調テイストの曲などをギターで弾き語る真理龍、缶詰をくばり、客席でお客さんと車座になって、ノーエイジャンウッドやアイルビーヨアミラーのカバーやオリジナル(?)の角打ち夜光虫、ループステイションを使ってのボーカルパフォーマンスの本田ヨシ子、前情報(?)で、即興系の人かと思っていたら、シオンのカバーやオリジナルをギターで弾き語るウイスパーZ 、という面々でありました。

 特に、この日のライブタイトルの宇宙ステイションの由来でもあるとの本田ヨシ子さんは、自分の声のみを重ねていって、楽器なし、歌詞も(多分、意味は)なし、曲名紹介などのMCもなし、ボーカルパーフォーマンスのみで、まったくだれずに、30分聴かせきって、すさまじかったなと。

 そして、最後が、角打ち夜光虫のルイス稲毛氏と無善法師によるバンド大悲。
 なんだかんだで、無善法師のライブをみた数は10回はこえるのですが、今日演奏された曲は、多分、ほとんどが初めて耳にする曲でした。
 最後の「七十過ぎて出会った二人」が特に印象的でしたが、ほかの曲も法師節が炸裂していました。
 ストックは100曲はあるとのことだったので、法師の歌詞と、私が聞いたものだけでもかなりある無善寺ならではの数々のエピソードを集めた無善寺本をだせるのではないかと思った次第。

  また、この日はめずらしく(?)、ライブ後、法師や出演者、お客さんとともに、近所の焼き鳥屋でうちあげ。
 「お察し申し上げる」というテーマで盛り上がった、といえば、話の内容は、お察しいただけるでしょうか。
 そして、うちあげ、あるいは、ライブの合間の雑談などで、どんな話になってもついていけるルイス稲毛氏の守備範囲の広さに驚きました。
 私のライブのときのハイドン節をやる前に、MCで都々逸について、すこし話したときも、すかさず、湯島天神川内康範などの言葉がとんできて、なにか返り討ち(?)にあったような気がいたしました。

 と、そんなこんなで、高円寺の夜がふけていったのでありました。

無力無善寺


これまでの制作リスト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 2日 (火)

オープンマイク 久米川ポップロック(7/24)

 5月に参加した久米川のポップロックでのオープンマイクに再び参加。
 前回同様、旧友に誘われての参加でしたが、しかし、その彼が来れなくなるという不測の事態発生。
 二日連続寝不足状態だったこともあり、参加するかどうか迷ったのですが、もう家を出てしまっていたこともあり参加することにいたしました。

 お店につくと、この日は、地域の音楽フェスのまちジャムの一環みたいな感じで、急遽、ライブが一組はいっていたのでありました。
 
 タマコクラブというそのバンドは、ジャンベが4人、そして、名称はわからないものの細長い桶太鼓のような形状の太鼓(横置き)が4名、総勢8名のパーッカション隊にときおり、女性がダンスで加わる、という編成でした。
 ちなみに横置きの太鼓の背中には、金属板っぽいものがおかれ、左手でそれを、ちゃんちきみたいな感じで細かいビートを刻み、右手で、合いの手みたいなかんじで、太鼓を叩く、という感じでした。
 そのタマコクラブのライブでは、ポップロックの常連さんとおぼしきギタリスト、ベーシストとのセッションがあったり、ジャンベ未経験者に叩かせてみたり、と、ワークショップ的な雰囲気もあったりしました。
 5、6曲ほど演奏されたなかで、歌詞があったものは1曲のみでしたが、8つの太鼓で繰り出される演奏が、ときおり言葉のように聞こえる瞬間があったのが印象的でありました。

 そして、続いてがオープンマイク。

 私は、定番の、にゃんこかぞえうたと恋のダイヤル2211(にゃんにゃんわんわん)をやったのですが、タマコクラブのダイナミックな演奏の余韻のおかげもあってか、たいへんもりあがり、オープンマイク参加歴3年にして、初のアンコール、もとい、ニャンコールをうけました。
 が、アンコールで歌ったときのポクポクにしてあげる、で、思いっきりのどがへたり始めてしまったのでありました。
 さらにもう1曲やれということになりましたが、そこでインターニャショナルを歌ったところで、ご勘弁(?)していただきました。
 泣く子と寝不足には勝てない、ということで。

 ちなみに、ライブ後にお客さんと話をしていて、初めて知ったのですが、この日、2曲めに歌った恋のダイヤル2211の原曲を歌っているフィンガー5が沖縄出身ということはよく知られていることだと思うのですが、上京後は、なんとこのポップロックが存在する東村山市にすんでいて、ポップロック周辺には晃氏の同級生などもいるとのことでありました。

 あと、この日、客席にめずらしく子供が2人いたのですが、私「次の曲は初音ミクさんの代表曲の替え歌で、多分皆さんも原曲を知っていると思うんですが•••」子供「厳しいと思います!」とか、私「ニャンセンス、通常は1500円で売っているところをライブでは、特別価格1000円で売っています」子供「980円にしたほうがいいと思います!」などと、随所でいいつっこみをいれてくれたのでありました。

演目
1、にゃんこかぞえうた
2、恋のダイヤル2211(ニャンニャンワンワン)
3、ポクポクにしてあげる
4、インターニャショナル

 そんなこんなで、猫扇子(ニャンセンス)も2本売れて、ありがたや!

 そして、私のあとは、オープンマイクというよりは、どちらかというとバンドセッション的な感じでありました。
 ドラマーは一人だけだったみたいで、ずっと同じ人が叩いていましたが、ベース、ギター、ボーカルが、2、3曲ごとにかわり、ツェッペリンパープルの2大巨頭をはじめとするハードロック系のスタンダードナンバーが熱く演奏されたのでありました。

 そんなこんなで、久米川の夜がふけていったのでありました。
 関係各位の皆々様、ありがとうございました!m(_ _)m


ミュージックハウスPOPROCK

これまでの制作リスト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月9日(火)に、高円寺の無力無善寺に出演いたします

 8月9日(火)に、高円寺の無力無善寺に出演いたしますので、よろしくお願いします!m(_ _)m

8月9日 火曜日   ライブ宇宙ステイションop/6:30st7:00   1ドリンク付1000円

1 猫耳坊主
2 真理龍
3 角打ち夜光虫 
4 本田ヨシ子
5 ウイスパーZ  
6 バンド大悲  

無力無善寺

これまでの制作リスト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »