« 過ごされよ | トップページ | 赤い薔薇の部屋 (9/18) 阿佐ヶ谷マスウェル »

2016年10月 2日 (日)

オープンマイク (9/27) 池袋レッドゾーン

 店内の半分くらいが外国人、という渋谷のルビールームのような雰囲気でした。

 ちなみにその外国人というのは、インドネシア人(♂)、スウエーデン人(♂)、国籍不明のワイルド系♀(ガンズ&ローゼズとか好きそうな感じ?)、の3人組で、留学生だったみたいです。

 そして、そのインドネシア人は、オリジナルかカバーかは不明ながら、歌詞が英語のしっとり系の歌を歌い、スエーデン人(左利き)は、英語と日本語がちゃんぽんのMCののち、オケをバックにボディに、Xジャパンやホテイのシールが貼られたエレキギターをひきまくっておりました。

 その次が、熱帯魚をテーマにしたオリジナルソングを歌うコリドラス一匹
 ちなみに、旧大塚時代のレッドゾーンには、店内に熱帯魚の水槽があったとかで、オープンマイク終了後、マスターと、熱帯魚話で盛り上がっておりました。

 その次が私。
 前半はそれなりにうけたような気がしますが、初披露の阿呆陀羅経(にゃいにゃい尽くし)は、お客さんを完全に置き去りにしてしまったような気が。(滝汗)

 ハイドン節で、スエーデン人がサビ(?)をいっしょに歌ってくれて、ありがたや!

演目
1、にゃんこかぞえうた
2、インターニャショナル
3、ハイドン節
4、そ、そ、そ、そ、漱石音頭
5、阿呆陀羅経(にゃいにゃい尽くし)
6、恋のダイヤル2211(ニャンニャンワンワン)

 最後は、名前は聞き逃したものの、MCのときは、女性声ながら、歌のときは、男っぽい低音声で雰囲気のあるギターの弾き語りでした。

RED-Zone


これまでの制作リスト

|

« 過ごされよ | トップページ | 赤い薔薇の部屋 (9/18) 阿佐ヶ谷マスウェル »

ライブレポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1250395/67755184

この記事へのトラックバック一覧です: オープンマイク (9/27) 池袋レッドゾーン:

« 過ごされよ | トップページ | 赤い薔薇の部屋 (9/18) 阿佐ヶ谷マスウェル »