« オープンマイク ええじゃにゃいか その弐拾肆 その1 (9・22) 高円寺無力無善寺 | トップページ | オープンマイク ええじゃにゃいか その弐拾伍 その1 (10・27) 高円寺無力無善寺 »

2019年10月28日 (月)

オープンマイク ええじゃにゃいか その弐拾肆 その2 (9・22) 高円寺無力無善寺

 無善寺3日連続出演中との菜都美子
 欠落しあった赤の他人、という歌詞が出てくる曲が、菜都美子節でありながらも、ほどよく力が抜けた感じというか、よりキャッチーな感じでよかったです。

 つづいて、うの
 1巡目は、元素記号が出てくる詩、そして、2巡目は、いしだあゆみのブルーライトヨコハマをうまく織り込んだ作品。
 22歳とのことでしたが、菜都さんといい彼といい、今は、もう年齢は関係なく、いくらでも、自分が生まれる前の作品にアクセスできるということなのかなと。

 そして、蒼伎敬
 カラフルなコード進行にのせて、おなじみの曲や新曲でした。
 ジミヘンばりの背中ギター、アコギでやるのは初めて見ました。

 無善寺レギュラー出演者の優城貴子。 
 黒尽くめの格好でのキーボード弾き語り。
 「幸せになるのは一番上と一番下だけ」というフレーズが印象的でした。

 無善菩薩。
 この日はオケを流しながらの病気直しについての説法。
 
 ノアロー
 ノヴァーリスと赤い傘などの定番曲に加えて、数年前の高円寺の円盤でのワンマンライブでしか聴いたことがない曲等、マニアックな曲も。
 個人的には、「誇張されたキュービズム」という曲を、ライブで初めて(?)聴けて、よかったです。


 ゆごし
 制作に関わった「虹色の朝が来るまで」という映画の紹介でした。
https://rainbowreeltokyo.com/2018/program/until_rainbow_dawn

 丸山永司
 初参加でギターの弾き語り。
 長めの曲が多かったですが、長さを感じさせない構成力というか。
 たまが好きというのは意外な感じが。

 内藤奈美。 
 ダンサーにして詩人。
 自作の雨についての詩などの朗読でした。
 この日の朗読系の人のなかでは、一番現代詩よりだったような。
 
 そして、2巡目では、DOBUKIDAの2人が別々に朗読。

 どぶねずみ男。
 ぬすんだバイクシリーズなどの安定のコミカルネタでした。

 荒木田慧
 中国の女性詩人の余秀華の作品を朗読。
 前回の参加時もそうでしたが、ポエムキュレーターというのか、詩に関心が特にない人にもアピールできるような作品だったのではないかと。
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2015/06/post-3690.php

 そんなこんなで、高円寺の夜がふけていったのでありました。

 参加していただいた方々、ありがとうございました! 

無力無善寺

これまでの制作リスト

 

|

« オープンマイク ええじゃにゃいか その弐拾肆 その1 (9・22) 高円寺無力無善寺 | トップページ | オープンマイク ええじゃにゃいか その弐拾伍 その1 (10・27) 高円寺無力無善寺 »

ライブレポート」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。