« 般若心経 | トップページ | 銭湯にて »

2020年11月10日 (火)

コロナ戦争と表現者

コロナは疫病ではなく戦争である

これまでの戦争は
国対国という形式で行われてきた

コロナ戦争は
コロナ対あなたという形式で行われる

コロナは
いきなり
あなたの命を
奪い取ろうとしたりはしない

コロナは
あなたの権利を
ゆっくりと
しかし
確実に
少しずつ
奪い取って行く

これまでの戦争は
国が負けを認めた時に終わった

コロナ戦争は
あなたがすべての権利の放棄を認めた瞬間に終わる

コロナ戦争後に
表現者の居場所は
あるのだろうか

おそらく
ないだろう

コロナ戦争後に
この世に存在するのは
囚人だけである

囚人にも
休息は与えられるだろうが
娯楽は与えられないだろう

そのようなことを考えても
気が滅入るだけなので
なんらかの奇跡が起きて
コロナ前の状況に戻ることができた場合を夢想してみる

その場合
表現者にとって
どのようなことが
起きるだろうか

その時
表現者にとって
どのようなことが
起きるだろうか


ジャンルを問わず
すべての表現者は
一つの尺度で
はかられることになるだろう

それは
その表現者が
コロナに対して
どのようなスタンスを取っていたのか
ということである

コロナ前の
その表現者のキャリアは
一切関係ない   

コロナ前に
どれだけ高い評価を得ていようが
どれだけ多くの金を得ていようが

コロナに対して取っていたスタンスによっては

すべてが
チャラになる

|

« 般若心経 | トップページ | 銭湯にて »

命の優先順位」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。