« 第一次産業 | トップページ | コロナワクチン接種のあり方について »

2020年12月21日 (月)

ポール•マッカートニーと私

ポール・マッカートニーが
「ワクチンによって今のこの状況を脱することができるだろう」と述べ
「接種を受けられるようになったらすぐに受ける」と表明したらしい

自分のかつてのアイドルが
ここまで老醜をさらす場面に出くわすとは•••

やはり、人間、
憧れる側、憧れられる側に関係なく
下手に長生きするものではないなと(汗)

いや、でも
ポール•マッカートニーの体制迎合的なスタンスが
老醜によるものなのかと言えば
そうでもないような気もするわけであり

反体制であるからと言って
それがそのまま芸術的価値を保証するものではなく
体制側であるとしても
素晴らしいものは素晴らしい

つまりは
コロナは
あなたにこう問うているのである

あなたは
あなたが憧れている人間に
お前は死ねと言われた時に

その言葉を受け入れて
死ぬのか

あるいは

その言葉に逆らって
生きるのかをである

 

 

 

|

« 第一次産業 | トップページ | コロナワクチン接種のあり方について »

命の優先順位」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。