« 昨晩見た夢 | トップページ | 新年抱負 »

2020年12月30日 (水)

金田に告ぐ

内田樹は、コロナ暴力団の若頭の三鶴(重竹良介)別名CDBのツイートを、5年前から、現在に至るまで、100件以上リツイートしている。

そして、その記念すべき最初のリツイートが、「AKIRA」がらみであったことは、非常に重要な意味合いを持っているのではないだろうか

まったく同じ文脈で先日、大学生の漫画好き男子に「大友克洋の何が凄いのか全然わからない、『AKIRA』も『童夢』も他の漫画によくあるシーンばかりじゃないですか」と言われて立ちくらみがした。本当に世界を変えてしまった才能は、その後の世代からは空気のように透明な存在になってしまうのだ。
https://twitter.com/C4Dbeginner/status/595949410590261250

「AKIRA」は、現在、1980年代に描かれた作品であるにもかかわらず、東京五輪中止や新型コロナを予言していたのではないかと騒がれている

漫画「AKIRA」が新型コロナを予言!?ネット民が震える怖い噂の種明かし
https://diamond.jp/articles/-/230764

この記事自体が、コロナ計画の一部分であると思われるが、その記事によれば、「AKIRA」のラストは次のようなものである

ネタバレになるが、「AKIRA」のラストは、主人公・金田たちが「大東京帝国AKIRA」という独立国家を築き、瓦礫の山の中でアメリカの手も借りずに自分たちだけで東京の再建を目指す、というものだ。

「AKIRA」の主人公である金田正太郎は、Wikipediaには、「本編では姓で呼ばれ、名前で呼ばれる場面はない」との記述がある
https://ja.wikipedia.org/wiki/AKIRA_(漫画)#主要人物

つまり、Wikipediaに、(金田正太郎は)「本編では姓で呼ばれ、名前で呼ばれる場面はない」と、わざわざ記述した人間がいることになる

ところで
「AKIRA」は
なぜ
その局面で終わったのだろうか

なぜ
彼らは
その続きを
大友克洋に教えなかったのだろうか

それは
その続きを教えると
大友克洋が「AKIRA」を描くモチベーションが
失われてしまうからである

アフターコロナでは
金田は必要なくなる

繰り返す

アフターコロナでは
金田は
必要なくなるのである

あなたは
一切必要なくなる

あなたは
そんなこともわからないのだろうか

あなたが
あらたにやってくる国の人間だとしたら
あなたは
あなたを残すだろうか

あなたが
あらたにやってくる国の人間だとしたら
あなたは
あなたを残すのだろうか

残すと思うのであれば
あなたはバカである

これまでの歴史的経緯がどうこうとかいうことなどは
一切関係なく
ただ
バカである

繰り返してばかりで申し訳ないが

ただ
バカである

わが国には
バカにつける薬はないということわざがある

そして
あなたもよく知っているように
コロナ計画には
バカにつける薬が登場する

コロナ計画が
今後どのように結着していくかは
私にもわからない

だが
ただ一つ
神のごとき確信を持って言えることがある

コロナ計画が完了した時に
わが国において
最も悲劇的で
かつ喜劇的な役回りを演じることになるのは

日本人ではなく
金田である

|

« 昨晩見た夢 | トップページ | 新年抱負 »

命の優先順位」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。